なぜタイ英語を学ぶのか


始めに

英語でコミュニケーションを取るとき、「人が話す英語は聞き取りやすいけれど自分の英語が伝わりにくい、何度も言い直したり、結局分かってもらえず諦めた」という経験はありませんか。

英語は世界の共通語ですが、話し手は皆それぞれ異なった英語を話しています。いろいろな英語を聞く機会が日本でもあります。彼らが話す英語は、私たちが授業や教材で学んだ英語とは異なっている可能性が極めて高いです。なぜなら訪日外国人の8割以上が英語を母語としない人たちだからです。来日する外国人観光客が急増していることはご存知の通りです。(2018年は計3,100万人以上が訪日。)皆さんが海外旅行する時に、現地の言葉に自信がない場合にはまず英語でコミュニケーションを取ろうとするように、訪日外国人も日本語が分からない場合には英語で意思疎通を図ります。異なる言語を使う人達の間で意思伝達手段として使われる言語を「リンガ・フランカ」と呼びますが、日本に短期で滞在する観光客と、サービスを提供する私たちとの間では、英語をリンガ・フランカとしてコミュニケーションを行っていることが多いのです。ひょっとしたら、彼らも自分の英語が分かってもらえない、という同じ思いを日本人とのコミュニケーションで経験しているかもしれません。

もし皆さんがホテル・レストラン・観光ツアー・ショップなどで訪日外国人に接客する立場なら、このお客様の悩みにどのように応えることができるでしょうか。

特定の目的のために必要とされる英語は”ESP”(English for Specific Purposes)と呼ばれ、観光の分野でも多くのESP教材が作られています。外国からのお客様を想定した「接客のための英会話」のような学習書は数多くあり、大学・語学学校・企業等でも接客に必要な語彙や表現を学ぶコースが提供されています。しかし、これらの機会で使用される学習教材では、外国人のお客様は英語のネイティブスピーカーであることが殆どです。

「ネイティブスピーカーではないお客様の英語を聴き取る」ためには、彼らがどのような英語を話すのかを知る必要があります。訪日外国人(2018年)を地域別にみると以下の通りになります。

中国:830万
韓国:750万
台湾:470万
香港:220万
アメリカ:150万
タイ:110万

今日は様々な英語の中から、訪日外国人の第6位のタイ人の英語に注目します。
何故タイ人の英語なのか、というと

  • 「タイ語」が日本人には未知の言語である場合が多く、タイ語がどのように英語に影響するか想像しにくい。
  • 年間100万人以上にのぼる訪日タイ人は日本では母語であるタイ語が殆ど通じないため、コミュニケーションの選択肢が日本語か英語しかない。
  • 英語専攻の大学生及び卒業生を対象に実施した調査結果(*)からもタイ英語の特徴に親しむことで、よりよい英語コミュニケーションができる。

(*)2017年度に大学1年生と3年生を対象に、同一スピード・同一内容の色々な英語を聞いてもらい、印象を尋ねる調査をしました。結果、アメリカ・イギリス・中国・韓国・タイの順で聞き取り易く、親しみを感じるようです。類似の質問を実際のホテルで勤務している卒業生にしてみたところ、同じようなコメントを得ました。卒業生の中にはほぼ毎日、中・韓国からのゲストと英語でコミュニケーションを取っているので「聞きなれたのだと思う」という人もいました。しかし大学生対象の調査でもタイ人の話す英語が分かりにくい、ということから、ただ「慣れ」だけではなく、「タイ人が話す英語は日本人が話す英語と大きく異なるのではないか」と推測できます。


タイ人はどれくらい英語を勉強しているのか?

  • 1995年から小学1年から12年間の英語教育を実施。
  • 富裕層出身者は幼少時から英語の家庭教師を雇用したりインターナショナルスクールで英語で教育を受ける場合も。
  • タイは世界有数の観光大国(観光客数では第10位、国際観光収入では世界第3位)であり、国際ビジネス・観光の場では英語が使用されている。(ホテル・レストラン・土産物屋・マーケット・観光ガイド・タクシー・スパやマッサージ店)
  • しかし英語は日本においてと同様、外国語として捉えられ、認識されています(c.f. フィリピン、マレーシア、シンガポール、香港)

タイ英語の特徴

タイ人が話す英語は私たちが英語教材として聞く米語・英語とは異なって聞こえます。しかし文法の面では、日本人の英語と似ているところが多くあります。つまりコミュニケーションがむしろ取りやすい点が多くあります。まず日本英語と似ているところを以下にあげます。

1.文法
  • 冠詞
    a, an, the を使わない場合が多い。
    タイ語には冠詞がありません。
  • 複数形
    数詞を伴わない場合に単数か複数かの区別が難しい場合がある。
    タイ語では単数か複数で語形が変化しません。
    ちなみに数詞はタイ語の場合には名詞の後に続く。
    “book two” 2冊の本か、第2巻がどうかは文脈から判断する必要あり。
  • 動詞の時制
    過去のことを話す場合にも現在形を使うことがある。
    タイ語の動詞は時制によって変化しない(過去がない)
    人称によって変化を起こさない(三人称単数現在のs)
  • 主語が省略される場合がある。
  • 否定疑問文や否定の付加疑問文
    日本人:Ah, you don’t like pakchee?
    タイ人:Yes. I don’t like the smell.
    日本人:Me, too! It’s too strong for me.
    タイ人は日本人と同様、否定疑問文や否定の付加疑問文において、肯定と否定の答えを逆にすることがあります。これは日本語と同様に、相手の言ったことの正しさについて、「その通り、私はパクチーは好きじゃないです」という意味で肯定の返事を返す、タイ語の影響から来ています。
2.発音

恐らく日本人が難しい、と感じるのはタイ人の英語の発音です。母語であるタイ語の発音が英語にも影響しています。

タイ語は音節中に固有の高低アクセントの変化が現れる声調言語です。日本語にはこのような声調はありません。タイ語は中国語がソフトになった感じで、まるで歌っているかのようなリズムが感じられます。一方、英語の音節には声調はなく、強弱のアクセントがあります。このような母語の影響もあってなのか、彼らは、強弱アクセントをつける英語の発音はあまり得意でないようです。

また、日本語訛りの日本人のカタカナ英語と同じで、彼らの英語は、いったんタイ文字に「置き換えて」発音していることがあります。当然、タイ語にない音は、タイ語にある近い音に置き換えるか、省略してしまうわけです。さらには、いったんタイ文字に置き換えるわけですから、タイ語の「声調」が当てはめられ、アクセントも尻上りで、タイ語調になってしまいます。 タイ英語のヒアリングに困難をきたす理由としては、この「声調」によることの方が大きいかもしれません。


日本英語と大きく異なる発音を以下にあげます。

1)子音 タイ語では単語の最後の子音はほとんど発音されない。語尾

(厳密に言うと、タイ人が語末の子音を発音していないということではありません。母語の影響で語末の子音を無声音化するという調音を行っている訳で、日本人はその調音を聞き取れないだけです。日本語には、語尾が子音で終る単語はないので、逆に省略されないで、おまけの母音がついてしまいます。)

英語 apartment donut keyboard
 
タイ英語 apartomen donu(t) keybo
発音* アパートメン ドーナッ キイボー
日本英語 apātomento dōnatsu kīibōdo
日本語 アパートメント ドーナツ キーボード
英語 half pick give
 
タイ英語 hap pig gip
発音* ハッ(プ) ピッ(グ) ギッ(プ)
日本英語 haafu pikku gibu
日本語 ハーフ ピック ギブ
英語 light lunch food
 
タイ英語 lie lun foo
発音* ライッ ラン フー
日本英語 raito ranchi fūdo
日本語 ライト ランチ フード

*タイ英語の音をカタカナ表記したものですが、先に述べたようにタイ英語はタイ語の声調の影響が大きいため、カタカナ読みをしてもタイ人の発音を再現することは難しいです。

2)語尾の” l” が”n”の音に変わる。語尾

タイ語に置き換えたとき、” L ” は、”ล”という字があてられます。語頭では、” l ”音なのですが、語尾の場合は、タイ語のルールをそのまま適用して「黙音」 または、”n” 音に変わってしまいます。

英語 apple football hotel central
 
タイ英語 appun footobon footobon centan
発音* アップン フットボン ホテン センタン
日本英語 appuru footoboru hoteru centoraru
日本語 アップル フットボール ホテル セントラル
3)語尾の s 音語尾

タイ語には語尾に”s”音がありません。タイ文字による「置き換え」の際に”s”音は ”t” 音の文字で書かれます。よって ①”s”音を全く発音しない、或いは② “t”の音に代わり、ほとんど聞き取れないか、”ッ”音のように聞こえる場合があります。(日本英語の場合には英語にない母音”u”を付けることが多い)

① 発音しない
英語 spice price reduce six
 
タイ英語 spy pry redo sick
発音* スパィ プラィ リドー シッ(ク)
日本英語 supaisu puraisu ridusu shicksu
日本語 スパイス プライス リデュース シックス
英語 fax house next
 
タイ英語 fek hau nek
発音* フェック ハウ ネクッ
日本英語 facksu hausu nexuto
日本語 ファックス ハウス ネクスト
②“t”の音に代わる
英語 gas rush
 
タイ英語 gat rut
発音* ガーッ ラット
日本英語 gasu rashu
日本語 ガス ラッシュ
4) 二重子音語の途中

タイ語にない二重子音には、二重子音のどちらかが省略されたり、子音のあいだに “a”などの母音が付加して二重子音を分割して発音します。( 日本語の場合は、”u”音 になることが多いようです )

英語 film icecream ski
 
タイ英語 fim iteam/isakeam sakii
発音* フィーム アイティム/アイサキーム サキー
日本英語 fuirumu aisukurīm s(u)ki
日本語 フイルム アイスクリーム スキー
英語 sprinkler switch drive
 
タイ英語 sapinkar sawi(t) dari(p)
発音* サピンカー サウィッ ダリッ
日本英語 suprinkurā suicchi doraibu
日本語 スプリンクラー スイッチ ドライブ
5) 単語のアクセント(強調)が置かれる場所

私たちが学習する英語では単語のアクセントが来る場所はそれぞれ異なります。タイ語は最後の音節にアクセントが置かれるため、タイ人が英語を発音する際にも最後の音節にアクセントを置く傾向があります。日本英語も日本語の影響ですべての音節にアクセントを置いたり、最後の音節(カタカナで書くと最後の文字)を伸ばして話すことがあります。

6) その他

英語をタイ語に置き換えるルールがさだめられていて、発音が変わってしまうものや、もともとの呼び名が異なるなどの単語もあります。

  • /dʒ/ の音が /t/ に
    • wage → wait(ウェイッ)
  • /z/ の音が /s/ に
    • maze → mace(メース)
  • /g/ の音が /k/ に
    • golf → korf(コーフ)
  • タイ語にない二重母音が一重の短母音や長母音に
    • mate → met(メッ)
    • boat → bo 又は bot(ボーッ)
    • shampoo → sempuu(センプー)
    • strawberry → sato(サトー)

日本英語と共通する特徴も以下に挙げます。

1)/r/ と /l/ の区別をつけない。
  • Excuse me, could you tell me how to get to Buckingham Palace?
  • Turn right, go through Green Park, cross the road at the traffic lights, and it’s around the corner on the left.
2)/th/ と /s/ の区別をつけない。
  • Where are you from?
  • I’m from Nara. It’s about thirty kilometers south of Kyoto.
    We have many historic buildings more than a thousand years old.

日本人の英語の特徴

  • 声が小さい
  • 英語は抑揚が大きくエネルギー消費が大きい一方、日本語はあまり息を使わず抑揚の少ない省エネ言語で声の上げ下げが少ないです。
    日)こんにちは。サガミ女子大学の神奈川花子です。英語を専攻しています。
    英)Hi. I’m Sharon MacDonald. I major in Japanese studies at Boston College.
  • リズムの違いと音節の捉え方が異なります(カタカナ英語の影響もある)
    例)マップ 2音節 Map 1音節、1拍
    トンネル 4音節 tun-nel 2音節
    マクドナルド 6音節 Mac-Don-nald’s 3音節
    日本語のひらがなカタカナは「音節文字」と呼ばれて文字の数と音節が同一でることが殆ど。よって音節の捉え方が異なる英語をカタカナで忠実に表記することは不可能です。
  • 余分な音(母音)が混じる
    of 1音節 を オブ(2音節)で発音するので語尾に/u/
    and 1音節 を アンド(2音節)さらに語尾の/o/を伸ばす傾向もあります。
  • 英語の母音は日本語の母音よりも多い。
    日本語は5つの母音しかありませんが、英語は短母音・長母音・二重母音・三重母音で厳密に分類すると26もあります。

まとめ

タイ英語の特徴のごく一部ですがご紹介しました。

英語のテキストブックで学ぶ英語とはかなり異なりますが、英語を母語とする人々もそれぞれの地域やお国柄、自分が受けた教育、環境を反映した英語を話しています。英語を母語としない人たちも同様に、それぞれの母語の影響を受けた英語を話します。共通語としての英語でコミュニケーションを取るということは、異なる互いの母語と密接に結びついた個人のアイデンティティーを尊重し合う行為でもあります。日本語訛りの英語、タイ語訛りの英語といっても個人によって大きく異なります。皆さんが話す英語が全く同一ではないのと同様、タイ人が皆これらの特徴を持って英語を話しているわけではないことはご留意ください。とはいえ、年間100万人超のタイ人訪日旅行者と英語でより良いコミュニケーションを取ろうと意識し備えることは「接客を目的とする英語」習得の新しい方法であると同時に、日本が誇る「おもてなしの精神」の実践になるのではないかと思います。

英語の多様さにより興味を持って、更なる英語学習に役立てる機会となれば幸いです。

演習 ①

以下の文を聞き、タイ英語の特徴について気付いた点を挙げてください。

  • What kind of spice is it? It burns my nose!
  • I’ve lived in Shizuoka for a year and a half.
  • I’m looking for a drugstore. She’s got a headache.
  • Do you have this in beige color?
  • Nissan stadium is one of the planned football venues for the 2020 Summer Olympics.
  • Could you give me a ride to a pickup point?
  • Is there any difference between rice ball and “Onigiri”?
  • You should avoid rush hour in the morning. The crowds are terrible.
  • Thank you very much for inviting us to your house.
  • Is it possible to get to the airport by 3 o’clock?
  • There will be a one-hour lunch break during the tour.
  • At the market, you should ask for some discount on the fixed price.
演習 ②

以下の単語の発音を聞いてみましょう。

(外来語等) (難解な音素を含む語)
Harajuku language
Akihabara bus
convenience store thank
Seven-eleven month
ATM lunch
metro station roll
eat-in zoo
  break
  finish
(Two-syllable words) (Three-syllable words)
table bicycle
Thailand banana
complain dangerous
chicken expensive
picture photograph
seafood appetite
quiet fantastic
famous  
(Four-syllable words)
memorable
preferable
cafeteria
operator
February
photography
emergency